ホームページはSEO対策が必要不可欠

外部リンクを増やす

ホームページを運営するならSEO対策は重要です。ネットで知りたいことがある場合、ほとんどの人は検索エンジンを使ってキーワードを入力します。そして検索エンジンに表示されているページを閲覧します。その…

興味が出るようなタイトルにする

サーチエンジンで検索すると、今も昔も変わることなくHTML内のTITLEタグに書かれている事が大きく表示されます。どんなにSEOに関する流れが変わっても、この事だけは一切変わるなくがなく今後も変わ…

内部リンクを増やす

1990年代までは、まだ今のようにネット上のWebページの数が多くなく、サイト運営者たちはちょっとした小手先の技術で上位表示を実現させる事が可能でした。しかし、2000年代に入るとサーチエンジンシ…

アクセス数を維持するためには

定期的に記事を更新する

ホームページのアクセス数を増やす簡単な方法は定期的に記事を更新することです。新しい記事をアップするとアクセス数は伸びます。逆に更新を怠っていると、アクセス数は横ばいもしくは減少していきます。定期的…

新しい情報を積極的にホームページに記載する

かつてサーチエンジンとは、最近更新されたページに限って情報を検索するような事が基本的に出来ませんでした。しかしサーチエンジンが進化する中で、今では「1時間以内」「24時間以内」など更新時期を指定し…

広告を貼りすぎない事

若者は特に広告を嫌がる

ホームページ運営者にはなかなか、ユーザが広告をどんな風に思うのかはわからないものです。しかし、SNSでのリアルな発言等を見てみると、特に若者世代はたくさんの広告が貼られているホームページに相当ウンザリしている事がよくわかります。そのため、大人世代をターゲットにしたホームページを作る際は広告量を気にする必要はないものの、若者をターゲットにする際は広告量を少なくする事が重要です。ちなみに、最初から広告をクリックしない方針の若者もどんどん増えていますので、どんなに広告量を増やしても無駄です。若者をターゲットにしたホームページを作る際は、お金の事ばかり考えているホームページだと思われないように広告量を抑える事をおすすめします。欲張って広告を張りすぎると、どんなに内容が良くても嫌がられてホームページのファンをなかなか増やせません。

ロボットは広告に敏感

詳しいメカニズムは明らかにされてはいないものの、サーチエンジンのロボットは各ページの広告量を判別する能力を持っています。そして、2000年代半ばから、アフィリエイト広告が多すぎる一方で、内容は伴っていないページの順位がどんどん落ちていました。現在は、その傾向がどんどん強まっており、内容の薄いページにたくさんの広告を張るのは大変危険です。そのため、まずは広告量を少なくして各ページの平均順位を上げていく努力をしてみてください。もしサーチエンジンの順位がどんどん上がってきたページがあったら、試しにそのページだけ広告量を増やしてみても問題ありません。しかし、広告量を増やした直後にサーチエンジンの順位が落ちるような事がもしあったら、再び広告量を調整する必要がでてきます。

© Copyright Global Home Page. All Rights Reserved.